【わかりやすく解説】マインクラフトのJava版と統合版のマルチプレイの危険性について

2021年9月8日

どうも、こんにちは。
ただの大学生です。

今回は、マインクラフトのマルチプレイの危険性についてお話していきたいと思います。

特にJava版のマルチプレイは複雑で、ポート開放など少し危ないことをしなければならないというイメージがあると思います。

今回はそれらがどういったもので、どのような危険性があるのかについてわかりやすく解説していきたいと思います。

ちなみにただの大学生であるこの私は、大学で通信などを学んでいますのでそこそこネットには詳しいと言えます。

是非最後まで読んでみて下さい‼


この記事における「危険性」について

今回、インターネットの知識があまりなくてもわかりやすいように解説するため、その行為が「危険」か「安全」かを判断していきますが、先に言います…

100%安全なものというのはありません。

はい、そうなんです。
後の解説の際にも用いるのですが、インターネットというのは家のセキュリティと似ています。

そして、家のセキュリティには100%安全なものというのは必ずありません。

家の鍵をしっかり閉めても、監視カメラを導入しても、もしかしたらどこかから侵入されてしまうかもしれません。

ただ可能性を考えるときりがなくなってしまうので、今回はマインクラフトのマルチプレイの方法を安全な順にまとめて行きたいと思います‼


マインクラフトのマルチプレイの種類について

では早速、安全な順からランキングを付けていく前に…

まずはマインクラフトにどのようなマルチプレイの方法があるかをまとめておきます。

ただ、これをまとめると長くなってしまうので、こちらの記事にまとめてあります。

マルチプレイの方法としてどのようなものがあるかをご存じでない方は是非こちらも読んでみて下さい。

マルチプレイの種類の記事:

現在、この記事は編集中です。
もう少しお待ちください。


【安全度:★★★★★】Minecraft Realms・統合版マルチプレイ・外部サーバーサービス

というわけでまず初めに一番安全なのはこの3つ。

まずはMinecraft Realms

こちらは、下の記事で詳しくまとめていますので良ければそちらを見ていただきたいですが、マイクラが出しているマルチプレイのサービスですね。

Minecraft Realmsの記事はこちら:

月額そこそこの値段がするサービスですが、さすが公式のサービスとあってかなり安全と言えます。

マルチプレイの種類の紹介にも用いている画像ですが、Realmsというのは自分のパソコンにデータを保存するのではなく、Realmsのサーバーに保存されて、そこにアクセスする形です。

Realmsのイメージ

参加する友だちが直接自分のパソコンに入ってくるわけでないので、安全ということですね。

そして外部サーバーサービスも同様です。

外部サーバーサービスのイメージ

そして最後に統合版マルチですが、こちらも1位にランクイン。

1位にするか少し悩みましたが、統合版のマルチプレイは特にインターネットの設定など細かな設定がいらず、間違ってセキュリティを解除する可能性が低いためランクインさせました。

ちなみに統合版マルチというのは、自分が友だちをXBoxアカウントやswitchアカウント経由で招待するマルチプレイの方法ですね。

こちらはインターネットの知識がなくても簡単にマルチプレイが出来るので、統合版勢はほとんどがこのマルチプレイをしているのではないでしょうか。


【安全度:★★★☆☆】hamachiなどの通信サービスを使ったマルチプレイ

マインクラフトのJava版のマルチプレイと言えば、有名なのが「hamachi」というソフトを使ったマルチですね。

おいしい魚のはまちではなく、hamachiというソフトを入れるだけでマイクラのマルチが出来るといった優れもんです。

ただ、「hamachiは危険‼」と書いてあるサイトもちらほら見るように、hamachiというのは一定の危険があるのも事実です。

なぜ危険なのかというと…

先ほども書いた通り、パソコンにも家と同じように人が侵入できないようにセキュリティがあります。

ですがhamachiを通じてマルチプレイをする際には、ホストのパソコンに友達が入ってこないといけません。

そこで自分の家の鍵に、hamachiを通じてきた友達だけ入ることのできる鍵を取り付けるイメージですね。

hamachiの通信を使ったマルチプレイ

つまり、hamachiのIDとパスワードがばれてしまうと、全く知らない赤の他人が自分のパソコンに入ってくる可能性があるわけですね。

この部分が「危険」である、と書かれている記事はあり、確かにこれは事実です。

また、上の画像の緑の矢印は、自分のパソコンと相手のパソコンをつなげる通信を表していますが、hamachiというソフトにもし欠陥があり、ここにも不正アクセスがされてしまう可能性があって「危険」と言われます。

(ただ個人的な感想ですが、IDとパスワードがばれてしまう可能性があると、わざわざhamachiから侵入する必要がないと思うので、「hamachiだから危ない‼」っていうのは個人的には違う気がしますが…)

hamachiというソフトをどれだけ信用できるかということがあるので安全性は★3にしました。


【安全度:★☆☆☆☆】ポート開放をしてのマルチプレイ

マインクラフトのマルチプレイの方法として、hamachiと同格で有名なのが「ポート開放」ですね。

こちらはここでの安全度最低の★1です。

ただ先に言っておきますが、★1だからポート開放をしているマルチプレイは全部危ないというわけではありません。

まずはポート開放の仕組みについてご紹介。

ポート開放のイメージ

ポート開放というのは、家のセキュリティの一部を解除することと同じです。

ただイメージとして、家の玄関を開けるのは危ないから、自分の部屋の窓だけ開けてそこから入ってもらうイメージ。

(この説明はちょっと語弊を生みそうだけど恐れない。)

そして友達は、ホストのIPアドレスというネット上の住所を知ることでホストのパソコンにアクセスして参加するといった感じですね。

この説明でポート開放の危険性が分かったと思いますが、自分の家の窓を開けっぱなしにするのは危ないですよね。

住所(IPアドレス)がばれて、窓が開けっぱなしであるという情報がもしどこかから漏れてしまうと(たいていは友達が言いふらすとかそういったものです)、だれでも侵入できる状態になってしまいますね。

例えば侵入検知の監視カメラを取り付けたり、パスワードを設けて制限したりすれば幾分か安全になりますが、インターネット初心者が訳も分からずポート開放をするのは確実に危険です。

ポート開放をする際には、自分自身のパソコンとインターネットのセキュリティについて詳しくなってからにしましょう。


番外編【安全度: ★★☆☆☆ 】ポート開放が簡単に行える「GameServerHostingTool」を使ったマルチプレイ

少し最後にこちらをご紹介。

hamachiもポート開放もいらないマルチプレイの方法として最近話題になって来たソフトです。

こちらの安全性ですが、★2としました。

私自身このサービスを1回しか使ったことがなく深く理解していないのもありますが、結構安全じゃないでしょうかといったところ。

少なからずポート開放という難しいインターネットの設定をいじるものを極限まで簡単にして、インターネットをあまり知らない人が変に設定をいじってしまうことがないですし、サーバーのアドレスには自分のIPアドレスなどが入っていないので間違って公開しても大丈夫。

ただ、このツールがどの様な手順の通信をしているかは明確に書かれていなかったので(私が見た限り)、これを100%安全と信じて使っている方が居たら注意だけはしておいた方がいいと思います。

(別にこのツールが危ないよと言っているわけではないですよ💦)


最後に

ということで今回はマインクラフトにおけるマルチプレイの危険性について書いてみました。

途中でも書いた通り、100%安全なものというのはないので、是非自分自身でも一度詳しく調べて知識を付けておきましょう。

いいマインクラフトライフを‼('ω’)ノ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

このブログでは、他にも初心者向けのプログラミングの記事やゲーム紹介の記事を書いていますので、良ければ是非読んでみて下さい!

おすすめ記事: